お知らせ

【YouTube公開】海活インタビュー⑤「海士屋文四郎」大積美也子さん

海活⑤大積美也子さん

石川県輪島市の名物「朝市」で、海産加工品などを販売する「海士屋文四郎」十一代目・大積美也子さんのインタビューをYouTubeに公開しました。

海産物の販売で有名な輪島「朝市通り」

  1. 1000年以上続く「輪島の朝市」
  2. 十一代目・大積美也子さん
  3. 十代目・大積善也さん

「海は一番身近にあるもの」と話す大積美也子さんは、輪島市の「朝市通り」で海産加工品を販売する「海士屋文四郎」の十一代目です。接客は苦手という大積さんですが、やりがいも感じています。

しかし近年、朝市を取り巻く環境が変わってきています。ウニや天然の海苔の量が減り、値段が上がってきているのです。「海士屋文四郎」十代目の大積善也さんは、「高値になればいいというわけではない。みんなに分ける量がないのが正直なところ。海女さんによると海が温かく、海藻のある場所が軒並みよくない」と、海の環境変化を危惧します。

朝市を取り巻く不気味な変化

  1. 昔採れたものが、今は採れない
  2. 落ち込むモズクの水揚げ高
  3. JF輪島・沖崎秀一さん

JFいしかわ輪島支所の沖崎秀一さんも海の変化を感じているそうで、「熱帯魚のような魚も見えたり、モズクの水揚げ高が落ち込んでいる。海水温の上昇や海流の流れる道の変化が影響しているのでは…」と話します。

海洋環境の悪化については、1人の人間でどうにか出来ることではありませんが、人々の関心が少しでも海へ向くことを大積さんは願っています。

■Facebook  ■Twitter■

 

関連リンク

  1. 加藤愛紹介-1
  2. 【海PJ2018】始動
  3. 海の丘-1
  4. 輪食-1
  5. 海活⑧ 鹿渡島定置-1
  6. 海活⑦ Fのさかな-1

Pickup

  1. UTAUMI
    内灘の海を守る【UTAUMI】 5月26日(土)開催!!…

    UTAUMI(うたうみ)=UTA(歌)+UMI(海) 公式サイトによるとUTAUMIとは、海や砂浜を…

  2. 海鮮丼-1
    親子?でインスタ映え@能登島(3)

    親子でインスタ映え写真撮影にチャレンジ@能登島。旅を盛り上げるグルメ絶品海鮮丼は必須ですね!!…

  3. イルカ-1
    親子?でインスタ映え@能登島(1)

    【海と日本プロジェクトinいしかわ】の応援リポーター・ハンディやしきさんが父親役、川口紗緒里さんが娘…

  4. 油与-1
    金沢市金石に唯一残る海産物製造の油与商店

    北前船がもたらした金沢の食文化。油与商店では伝統的な商品に加え、「新しいぬか漬け」の開発も。…

  5. 凧の祭典-0
    内灘海岸で「第30回世界の凧の祭典」が開催されました!!…

     内灘町5月恒例「世界の凧の祭典」は第30回記念大会でした。が、ず------------っと、雨で…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP