お知らせ

【YouTube公開】海活インタビュー⑧ 鹿渡島定置・順毛弘英さん

海活⑧ 鹿渡島定置-1

石川県七尾市鵜浦の鹿渡島定置・順毛弘英さんのインタビューをYouTubeに公開しました。

若い人達が増えている鹿渡島定置

  1. 石川県七尾市の鹿渡島漁港
  2. 豊かな富山湾での定置網漁法
  3. 若い漁師が大勢働いている

日本海に突き出した能登半島は、鳥のような形をしています。富山湾に面し、“下くちばしの先端”に見えるところに、鹿渡島(かどしま)漁港があります。ここを母港に定置網漁を行う会社が、鹿渡島定置です。順毛弘英さんは、ここで漁労長を任されています。

漁業は近年、高齢化や後継者不足が深刻な悩みとなっています。美味しい魚が評判の能登でも、海の幸を食卓に届ける人が減っているのです。

      ところが…

魅力あふれる職業に変貌 キーワードは “鮮度” です

  1. 鹿渡島定置は若い漁師がいる
  2. 魚の鮮度を保つ技術を磨く
  3. 魚の締め方で値段や旨味が増す

鹿渡島定置では逆に、順毛さんを含めて若い漁師たちが活躍しています。何故でしょう? まず定置網漁業には、朝早くに出漁しても、昼には帰って来られるという特性がありました。しかし何より、魚の価値を高めたことが主要因です。鹿渡島定置は、海氷シャーベットなどの機器導入や、活絞め・神経抜きなどの技術を活用して魚の鮮度管理を徹底することで、魚の価値を上げて収入増を実現させました。

そんな知恵と努力で、漁師仕事は、能登に生きる若者に魅力的な職業に変わったのです。

■Facebook  ■Twitter

 

Pickup

  1. 凧の祭典告知-1
    内灘の「世界の凧の祭典」は30回の記念大会です!!

     毎年5月恒例の「世界の凧の祭典」が、5月13日(日)に内灘海岸で開催されます!!…

  2. 里海セミナー1
    里海セミナー@能登町宇出津 興味津々です!!

    能登町小木の能登里海教育研究所が主催する「里海セミナー」が4月17日(火)、宇出津新港横の「うみとさ…

  3. とも旗祭り-1
    能登町の【とも旗祭り】が5月2日(水)〜3日(木)に開催…

     石川県の無形民俗文化財に指定されている、能登町小木の「とも旗祭り」が、5月2日(水)~3日(木)に…

  4. #26ph測定
    輪島の朝市にも海洋危機の影…

    地球温暖化による海水温上昇は、世界的に深刻な問題です。能登沖では世界平均を上回る海水温上昇を観測…。…

  5. 旬魚亭-1
    JFいしかわ直営・旬魚亭でズワイガニを試食しました

    冬の金沢は、最高の贅沢であるズワイガニの石川ブランド “加能ガニ” が味わえます!!…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP