お知らせ

【YouTube公開】 海活インタビュー② 「能登島San-souci」長竹さん夫妻

海活②長竹さん夫妻2

東京・赤坂でフランス料理店を営んでいた長竹俊雄さん・幸子さん夫婦は、骨を埋める場所として、2013年に七尾市の能登島へやってきました。能登島の風景を未来へつなぐため、「能登島San-souci」で食を通して情報発信する長竹さんのインタビューをYouTubeに公開しました。

能登島の食材を生かした料理で魅力を伝える

  1. 「能登島San-souci」
  2. 地元食材を使ったフランス料理
  3. 能登島の里海で獲れた新鮮な魚

長竹俊雄さん、幸子さんご夫婦は2人ともフランス料理店で修業している時に出会い、東京・赤坂で夢だったフランス料理店を開きました。5年ほど経ったころ、「食材もわざわざ田舎から仕入れるのではなく、その土地で暮らし、自給自足に近いような環境で、私たちの料理を少し足して暮らせたら」と能登島へやってきました。俊雄さんは漁業権も取り、自分で採ってきた海の幸と能登島の食材を生かした料理で1日1組の客をもてなします。「風土を感じたいという人が多いので、なるべくストーリーを知っているものをお出ししています」と幸子さん。しかし2人は、少子高齢化で山が荒れ、海が荒れ、魚が少なくなることを不安に感じています。

町のこども達が愛せる海を

  1. 人口は最も多かった時の半数に
  2. 鰀目漁港漁師・木戸涼太さん
  3. 海洋環境の変化が不安だ…

多い時は6,000人が暮らしていた能登島ですが、現在は半数近くまで人口が減少しました。美しい里山里海を維持するためには、後継者の確保が急務です。鰀目漁港の漁師達は、こども達に興味を持ってもらおうと、地引網などの自然体験活動を行っています。漁師の木戸涼太さんは「漁師に興味を持って、能登島でなくても漁師になってくれたら…」と思いを語ります。一方で、地球温暖化など海洋環境の変化で漁師になっても魚が獲れるのかが心配だと言います。

 長島さんご夫婦は「(お店は)能登島はこんなにいい所なんですよとアピールするための場所として情報発信していきたいし、町の子どもたちが海を愛してもらえるきっかけづくりや学ぶ場所をつくれたら」と夢を話してくれました。

■Facebook  ■Twitter■

 

 

関連リンク

  1. 手ぬぐい-1
  2. 加藤愛紹介-1
  3. 【海PJ2018】始動
  4. 海の丘-1
  5. 輪食-1
  6. 海活⑧ 鹿渡島定置-1

Pickup

  1. 海みらい-1
    海とみらいと科学の日2018 ①

    エビやイカなど身近な海の生物について学ぶ「海とみらいと科学の日2018」が金沢海みらい図書館で開かれ…

  2. うみぽす-1
    【うみぽすグランプリ2018】ワークショップ@金沢科学技…

    地元の海の写真に面白いキャッチコピーを付けて海を盛り上げる【うみぽすグランプリ2018】のワークショ…

  3. アワビ-1
    輪島名物「あわびまつり2018」は7月29日(日)開催で…

     奥能登・輪島が誇る海の幸!! グルメの祭典「輪島あわびまつり」が今年も開催されます!!…

  4. サザエ-0
    穴水町 6月15日〜「まいもんまつり夏の陣」はサザエです…

    能登半島・穴水町のまいもんまつり夏の陣【さざえまつり】は 6月15日(金)スタートです!!…

  5. 能登丼パンフ-1
    2018年版「能登丼」パンフレットはどんなデザインに?

    奥能登を代表するグルメ「能登丼」2018年版パンフレットの撮影会です!!…

レポート

  1. 海みらい2-1
  2. 海みらい-1

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP