番組情報

内灘海岸を守ろう! ボランティアが清掃活動

#01_清掃②

4月29日(土)に金沢市のボランティア団体が内灘海岸で清掃活動を行いました。

内灘海岸の清掃活動

  1. 金沢のボランティア団体「グランデ」メンバーによる清掃活動
  2. 内灘海岸に打ち上げられたプラスチックゴミ
  3. ボランティア団体「グランデ」代表 鈴木 成昌さん

金沢市の隣、内灘町に広がる内灘海岸は広い砂浜が特徴で、夏場は海水浴客やマリンスポーツを楽しむ人達で賑わいます。ゴールデンウイーク前半の4月29日(土)、金沢市のボランティア団体「グランデ」のメンバーが清掃活動を行いました。代表を務める鈴木成昌さんは、よく内灘海岸に遊びにも来るそうで、「周囲の友達がゴミを捨てるのを見て、おかしい」と感じ、6年前から月に1度、清掃活動をするようになったそうです。しかし内灘海岸のゴミの量は、平成27年度は45.87トン、平成28年度には83.30トンと倍近くに増えています。

ゴミの削減につながるクリーン作戦

  1. 浅野川の中州に溜まったゴミ
  2. NPO法人・河北潟湖沼研究所 川原奈苗さん

 海につながる河北潟の環境調査を20年以上にわたって続けているのが、NPO法人・河北潟湖沼研究所です。河北潟は金沢平野の北部にあって、金沢市、かほく市、内灘町、津幡町にまたがり、金沢市の中心部を流れる浅野川など、多くの河川が流れ込んでいます。その河北潟は大野川~金沢港につながります。そして金沢港は内灘海岸の真横に位置します。河北潟にとっても川が運んでくるゴミ問題は悩みのタネでしたが、一般参加のクリーン作戦を実施したところ、参加者の増加ともにゴミの量が減ってきたそうです。「一人一人の気持ちが大事!」と、河北潟湖沼研究所の研究員・川原奈苗さんは強調します。

海のゴミ、潟のゴミ、川のゴミ――その大半は、私たちの生活から出ているのです。

ボランティア団体「グランデ」の内灘海岸清掃とNPO法人河北潟湖沼研究所の取り組みの模様は、5月13日(土)放送。

Pickup

  1. 里海セミナー1
    クラゲがテーマ!! “里海セミナー” が宇出津で開催され…

    能登町・小木小学校で実践されている画期的なカリキュラム“里海科”。その海洋教育をサポートしている能登…

  2. #26ph測定
    輪島の朝市にも海洋危機の影…

    地球温暖化による海水温上昇は、世界的に深刻な問題です。能登沖では世界平均を上回る海水温上昇を観測…。…

  3. 旬魚亭-1
    JFいしかわ直営・旬魚亭でズワイガニを試食しました

    冬の金沢は、最高の贅沢であるズワイガニの石川ブランド “加能ガニ” が味わえます!!…

  4. いきいき魚市-1
    ズワイガニが並んだ金沢港いきいき魚市は、大盛況です!!

    前日夕方、金沢港に水揚げされた新鮮なズワイガニ。隣のいきいき魚市は朝から大盛況でした!!…

  5. 金沢港-1
    冬の味覚の王者・ズワイガニが登場です!!(金沢港)

    今年も“冬の味覚の王者” ズワイガニ漁が解禁!! 金沢港の水揚げの模様です。…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP