番組情報

珠洲市・奥能登国際芸術祭に向けて…

芸術祭なまこ

9月3日から10月22日の50日間にわたって、奥能登・珠洲市を会場に繰り広げられる「奥能登国際芸術祭」の作品製作が、8月の初めから現地で始まっていました。

奥能登国際芸術祭のために移住

  1. 珠洲市の至る所に上り旗が
  2. 鹿野桃香さんは埼玉から移住

過疎化が止まらない奥能登ですが、珠洲市には近年、移住する人が増えています。珠洲市によると2、3年前から、移住に関する問い合わせが毎年100件近くあり、うち20~30人が移住しているそうです。奥能登が国連の世界農業遺産に認定され、金沢大学の地域連携プロジェクト「能登里山里海マイスター育成プログラム」に参加して、そのまま移住する人もいます。奥能登国際芸術祭実行委員会事務局にも移住者が数人います。鹿野桃香さんもその一人です。鹿野さんは珠洲市について、「海と山がたくさんあって、囲まれていると生活が優しくなり、仕事もスムーズに自分らしくできるのがいい」と魅力を教えてくれました。

漂着プラゴミで鳥居!? 作品名は「神話の続き」

  1. 白いプラスチックゴミを洗う
  2. 美術家 澤孝史さん
  3. 「神話の続き」完成イメージ

珠洲市馬緤町の自然休養村センターでは、北海道在住の美術家・深澤孝史さんが、サポーターと一緒に、珠洲市の海岸に漂着した大量のプラスチックゴミを洗っていました。深澤さんはこのゴミを題材に、大谷地区の海岸に巨大な鳥居を作る計画です。作品名は「神話の続き」。どんな作品に仕上がったのでしょうか?

およそ2万個のサザエの殻を貼った「サザエハウス」

  1. 漆喰でサザエの殻を壁に貼る
  2. サザエの殻の中にも家が…
  3. 造形作家 村尾かずこさん

珠洲市馬緤町の海辺に建つ納屋では、東京を拠点に活動する村尾かずこさんが、壁に漆喰でサザエの殻を貼り付けていました。村尾さんは、フレスコ画と出会い、漆喰を使った作品を数多く手がけてきました。今回の作品は、サザエの中に住んでみたいというイメージから始まったそうです。2万個のサザエの殻を集めるつもりでしたが、数が増えてきて、数えられなくなったそうで…。所々に家のオブジェが作られた殻も。村尾さんは「豪邸はどこかな?と探してみてもらうのもいいかな」と作品の楽しみ方を教えてくれました。納屋の中もどんなふうになっているのか楽しみです。

様々な分野の技術の結晶「さいはて茶屋」

  1. 絶景を誇る木浦海岸にも作品が
  2. 専門分野の違うメンバーたち
  3. 美術家 よしだぎょうこさん

別格の絶景を誇る木ノ浦海岸では、美術家、工芸家、経済学者など様々な分野のメンバーが関わる「よしだぎょうこ+KINOURA MEETING」が、それぞれの技術を持ち寄って「海上のさいはて茶屋」を作っていました。制作に参加する美術家よしだぎょうこさんは、「小さい偶然が奇跡のように重なって、気持ちのいい風の流れのようなものを感じながら、完成する。まだ始まっていないのに終わるのが寂しい」と話していました。【奥能登国際芸術祭】は9月3日から10月22日の50日間にわたって、珠洲市全域を会場に繰り広げられます。

■【奥能登国際芸術祭】に向けた準備や作品制作の様子は9月2日(土)に石川テレビで放送しました。

■Facebook  ■Twitter

 

Pickup

  1. うみぽす表彰式-1
    「うみぽすグランプリ2017」表彰式・Kistの学生さん…

    「うみぽすグランプリ2017」の表彰式が、10月15日(日)に東京で行われました。…

  2. 漂流物-1
    奥能登国祭芸施術祭リポート ⅩⅢ

    「奥能登国際芸術祭」リポート第13弾は、漂流物の話です。…

  3. 色んな海-1
    奥能登国際芸術祭リポート Ⅻ

    「奥能登国際芸術祭」リポート第12弾。里山や町の作品にも「海」が関わっています。…

  4. 芸術祭11-1
    奥能登国際芸術祭リポート Ⅺ

    「奥能登国際芸術祭」リポート第11弾は、海辺の作品を中心に紹介します!!…

  5. 里海科-1
    能登町・小木小学校の「里海科」公開授業(5年生)

    能登町・小木小学校の「里海科公開授業」。続いては5年生の海の学びです。…

レポート

  1. 漂流物-1
  2. 色んな海-1

番組情報

  1. 恋ワーク
    恋する灯台ワークショップ
  2. 灯台朝焼け
PAGE TOP