レポート

銭五ツアー(3)海の恵みを味わう

#28めぎす汁2

ツアーの昼食は新鮮な甘エビ・イカを使った手巻き寿司やメギスの団子汁、金石名産「ぬか漬け」など。底引き網漁や海産物加工食品についても学びました。

銭屋五兵衛の生涯から海の大切さを学ぶツアー(3)海の恵みを味わう

  1. 底引き網漁の仕組みを解説するJFいしかわ・浜田博美さん
  2. ふぐの卵巣のぬか漬けの製造をパネルで解説する油与商店
  3. エビ・イカなど新鮮な海の幸と 金沢伝統のぬか漬けが並ぶ

「銭五ツアー」の昼食は、解禁直後の底引き網漁で獲れたメギスの団子汁や甘エビ・イカを使った手巻き寿司など、新鮮な海の幸をふんだんに使ったメニュー。調理を担当したJFいしかわ女性部の浜田博美さんは、9月1日に解禁になった底引き網漁についても説明してくれました。また地元・金石で海産物加工を営む油与商店の寺尾高明さんは、「ふぐの卵巣のぬか漬け」を紹介しました。金沢伝統のぬか漬けも北前船の流れを汲む食品で、発酵に使う塩や米ぬかが北前船によって運ばれてきたことから、発酵食品が江戸時代に発展し、現在まで受け継がれているそうです。

銭屋五兵衛の生涯から海の大切さを学ぶツアー(3)海の恵みを味わう

  1. 素材そのものが贅沢な昼食
  2. 「甘エビがおいしかった」
  3. 「歴史を知りたくなった」

JFいしかわ女性部のメンバーが用意してくれた昼食は「海鮮手巻き寿司」、「メギスの団子汁」、「甘エビとアカイカのかき揚げ」の3品です。ネタが新鮮な手巻き寿司はもちろん、メギスの団子もふわふわも ちもちで大好評!! 参加した親子は「美味しいね」と言いながら味わっていました。また男子児童は「銭屋五兵衛のやったことがすごいと思った。歴史をもっと知りたくなった」などと、午前中の学びツアーの感想を話してくれました。

イベント名銭屋五兵衛の生涯から海の大切さを学ぶツアー(3)海の恵みを味わう
参加人数18組36人
日程9月11日(日)
場所金沢市・金石会館
主催石川テレビ
協力JFいしかわ女性部、油与商店、金石会館

関連リンク

  1. 海鮮丼-1
  2. ガラス-1
  3. イルカ-1
  4. 油与-1
  5. 海産物-1
  6. 凧の祭典-20

Pickup

  1. UTAUMI
    内灘の海を守る【UTAUMI】 5月26日(土)開催!!…

    UTAUMI(うたうみ)=UTA(歌)+UMI(海) 公式サイトによるとUTAUMIとは、海や砂浜を…

  2. 海鮮丼-1
    親子?でインスタ映え@能登島(3)

    親子でインスタ映え写真撮影にチャレンジ@能登島。旅を盛り上げるグルメ絶品海鮮丼は必須ですね!!…

  3. イルカ-1
    親子?でインスタ映え@能登島(1)

    【海と日本プロジェクトinいしかわ】の応援リポーター・ハンディやしきさんが父親役、川口紗緒里さんが娘…

  4. 油与-1
    金沢市金石に唯一残る海産物製造の油与商店

    北前船がもたらした金沢の食文化。油与商店では伝統的な商品に加え、「新しいぬか漬け」の開発も。…

  5. 凧の祭典-0
    内灘海岸で「第30回世界の凧の祭典」が開催されました!!…

     内灘町5月恒例「世界の凧の祭典」は第30回記念大会でした。が、ず------------っと、雨で…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP