レポート

海とみらいと科学の日2018 ①

海みらい-1

エビやイカなど身近な海の生物について学ぶ「海とみらいと科学の日2018」が金沢海みらい図書館で開かれました!!

エビの種類や特徴を学びました!!

  1. 大勢の親子連れが参加しました
  2. 鈴木信雄金大教授・エビのひみつ
  3. エビの体の仕組みに興味津々…

 金沢海みらい図書館6月恒例のイベント「海とみらいと科学の日」。能登町で海洋環境や生物を調査している金沢大学環日本海域環境研究センターと、小木小学校のカリキュラム“里海科”をサポートしている能登里海教育研究所が協力して開催。金大の鈴木信雄教授は「エビのひみつ」と題して、様々なエビの種類や生態、体の仕組みを解説しました。

エビの体って こんな構造なんだぁ〜

  1. エビの足は10本あるそうです
  2. 実際のエビを見ながら観察を
  3. 加藤アナも知らないことばかり

 「エビのひみつ」では、クルマエビを題材にエビの足は何本? エビの心臓ってどれ? エビには鼻はある? など、こども達だけではなく大人も興味を引かれる学びのプログラムが次々に展開されました。石川テレビの加藤愛アナウンサーも飛び入り参加しましたが、エビのどこにどんな器官があるのか、初めて知ることばかりでした。

貝に関するミニ講座も面白い内容でした

  1. 貝のミニ講座と貝殻クラフト
  2. カメノテって貝じゃないんだ
  3. 貝も色んな種類がありますね。

 会場では「貝に関するミニ講座」もありました。例えば磯の波打ち際の岩にくっついているフジツボ。ジッとして動かないので貝のように思えるのですが、実は貝じゃなくてエビやカニと同じ甲殻類なんだって!! 知ってましたか? 海の生物に関する“目からウロコ”の情報の数々に、参加した親子は口々に「へぇ〜」とつぶやいていましたよ。

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名海とみらいと科学の日2018
日程2018年6月24日(日)10:00〜16:00
場所金沢海みらい図書館
協力能登里海教育研究所 金沢大学環日本海域研究センター

関連リンク

  1. 観音埼灯台の春-1
  2. 海洋教育F-1
  3. 安宅小-1
  4. 海洋ごみ-0
  5. 横浜まいもん-1
  6. いきいき-1

Pickup

  1. 北前船の里まつり-1
    令和のGW 加賀橋立の「北前船の里まつり」もオススメです…

    10連休の令和GW。加賀橋立で北前船の築いた歴史にふれるのも良いですよ。…

  2. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  3. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  4. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  5. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

 
PAGE TOP