レポート

海とみらいと科学の日2018 ①

海みらい-1

エビやイカなど身近な海の生物について学ぶ「海とみらいと科学の日2018」が金沢海みらい図書館で開かれました!!

エビの種類や特徴を学びました!!

  1. 大勢の親子連れが参加しました
  2. 鈴木信雄金大教授・エビのひみつ
  3. エビの体の仕組みに興味津々…

 金沢海みらい図書館6月恒例のイベント「海とみらいと科学の日」。能登町で海洋環境や生物を調査している金沢大学環日本海域環境研究センターと、小木小学校のカリキュラム“里海科”をサポートしている能登里海教育研究所が協力して開催。金大の鈴木信雄教授は「エビのひみつ」と題して、様々なエビの種類や生態、体の仕組みを解説しました。

エビの体って こんな構造なんだぁ〜

  1. エビの足は10本あるそうです
  2. 実際のエビを見ながら観察を
  3. 加藤アナも知らないことばかり

 「エビのひみつ」では、クルマエビを題材にエビの足は何本? エビの心臓ってどれ? エビには鼻はある? など、こども達だけではなく大人も興味を引かれる学びのプログラムが次々に展開されました。石川テレビの加藤愛アナウンサーも飛び入り参加しましたが、エビのどこにどんな器官があるのか、初めて知ることばかりでした。

貝に関するミニ講座も面白い内容でした

  1. 貝のミニ講座と貝殻クラフト
  2. カメノテって貝じゃないんだ
  3. 貝も色んな種類がありますね。

 会場では「貝に関するミニ講座」もありました。例えば磯の波打ち際の岩にくっついているフジツボ。ジッとして動かないので貝のように思えるのですが、実は貝じゃなくてエビやカニと同じ甲殻類なんだって!! 知ってましたか? 海の生物に関する“目からウロコ”の情報の数々に、参加した親子は口々に「へぇ〜」とつぶやいていましたよ。

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名海とみらいと科学の日2018
日程2018年6月24日(日)10:00〜16:00
場所金沢海みらい図書館
協力能登里海教育研究所 金沢大学環日本海域研究センター

関連リンク

  1. 安宅小-1
  2. 海洋ごみ-0
  3. 横浜まいもん-1
  4. いきいき-1
  5. つばき茶屋-1
  6. あんこう-1

Pickup

  1. 安宅小-1
    小松市・安宅小学校で北前船の課外授業が行われました

    小松市の安宅小学校5年生が「北前船こども調査団」ガイドブックを使って学びを深めました!!…

  2. 海洋ごみ-0
    海洋ごみ対策ムーブメントが始動します

    日本財団は11月27日(火)、【海と日本プロジェクト】の活動の一環として「海洋ごみ対策ソーシャルムー…

  3. 横浜まいもん-1
    横浜・たまプラーザに「海と日本のいろどり珍味三昧」登場!…

    この夏、海と日本プロジェクトin石川県実行委員会が企画した「能登の海と魚を学ぶイベント」から生まれた…

  4. Fのさかな-1
    フリーペーパー「Fのさかな」に海と日本プロジェクトの記事…

    海と日本プロジェクトinいしかわが企画して、今年7/31(火)〜8/1(水)に小学5・6年生30人が…

  5. 能登丼表彰-1
    能登丼が快挙!!「地域づくり表彰」最高賞に輝きました!!…

    今年度の国土交通省の「地域づくり表彰」で、国連の世界農業遺産に認定されている奥能登の里山里海の恵みを…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP