レポート

能登町・小木小学校“里海科”の公開授業 (2)

里海科公開2-1

能登町・小木小学校のこども達がふるさとの海を学ぶ「里海科」の公開授業(その2)です。

5年生はウニの受精を観察、命の誕生を見た!!

  1. 能登里海教育研究所・浦田さん
  2. こども達が観察で学んだこと
  3. 好奇心が膨らむと学びも深く

5年生の“里海科”は理科室で。小木小学校の海洋教育をサポートしている能登里海教育研究所の博士研究員・浦田慎さんがゲストティーチャーとして授業を行いました。ウニが受精し、命が生まれる瞬間を顕微鏡で観察するカリキュラムで、昨年6月25日に金沢海みらい図書館で開かれた「海とみらいと科学の日」でも行われた実験。こども達の生き生きとした目が印象的でした。好奇心が「学びの心」を育むことを実感。こども達は“里海科”で故郷の海を学びながら探究心を培い、それが他の一般教科の成績上昇にもつながっているのだとか。

公開授業後の「能登の海洋教育シンポジウム」

  1. 能登の海洋教育シンポジウム
  2. パネラーは地元・能登町の4名
  3. 充実した“里海科”の活動を紹介

公開授業の後は、体育館で「能登の海洋教育シンポジウム」が開かれました。シンポジウムは日本財団が展開する海洋教育パイオニアスクールプログラムの支援も受けています。京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターの日置光久教授がコーディネーターを担い、パネリストは能登町で海につながる仕事をしている4人の皆さん。日置教授は、四方を海に囲まれた日本で海洋教育を実践することの意義を語りました。

徳洋水産の蟹豊文専務は、小木の中型イカ釣り漁船に乗船した時の映像をスクリーンに投影しながら、好漁場・大和堆に現れた北朝鮮の木造船による違法操業が如何に危険な行為かを切々と訴えました。

能登町鵜川の定置網漁業・日の出大敷取締役の中田洋助さんは5代目網元、若干32歳の漁師です。昨年の“里海科”公開授業ではゲストティーチャーとして漁師仕事のやりがいを6年生に伝えていました。幼い頃から漁師である父の背中を見て育ち、漁師に憧れていたそうで、地元の海の恵みを実感しています。

小木小学校の海洋教育をサポートしている能登里海教育研究所の博士研究員・浦田慎さんは、里海科のカリキュラムを構築する立場からの発言。実際に“里海科”の教壇に立って4年目を迎えた6年担任の加賀浩教諭は教育現場の生の声として、こども達の海に対する意識の変化について発言しました。

 

こうした海洋教育の実践がこども達の好奇心をかき立て、海を大切にする心を育んでいくのですね。

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名里海科研究発表会・能登の海洋教育シンポジウム
日程2018年7月13日(金)
場所能登町立小木小学校
協力能登里教育研究所

関連リンク

  1. 安宅小-1
  2. 海洋ごみ-0
  3. 横浜まいもん-1
  4. いきいき-1
  5. つばき茶屋-1
  6. あんこう-1

Pickup

  1. 珠洲まるかじり-0
    2月24日(日)に「食祭・珠洲まるかじり」が開かれます!…

    奥能登・珠洲の冬グルメが目白押しのイベントが【珠洲まるかじり】です。…

  2. 海洋教育フォーラム-1
    第1回 いしかわ海洋教育フォーラムが開催されます!!

    海藻からわかる海洋環境の変化をメインテーマにした「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が2月23日(土…

  3. かきまつり-1
    能登の冬グルメ・穴水まいもんまつり“冬の陣”は カキ!!…

    七尾湾の「能登かき」を心ゆくまで堪能できるのが穴水町の「まいもんまつり」です。…

  4. ふるさと祭り-1
    東京ドーム・ふるさと祭りで金沢の寿司を食べませんか?

    「東京ドーム・ふるさと祭り」で金沢の絶品寿司が食べられますよ〜!!…

  5. 珠洲あんこう-1
    絶品の「珠洲あんこう祭り」が1月14日(月祝)に開催され…

    寒くなると、海の幸がどんどん美味しくなるよ〜!!奥能登の冬グルメ「珠洲あんこう祭り」が1月14日(月…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP