古来、石川県の人々は海と深く関わってきました。国連の世界農業遺産に認定された能登には、輪島の海女漁や珠洲の塩田など、海に寄り添う暮らしが根づきます。北前船で栄えた加賀や金沢には往時を偲ばせる町並みが残り、伝統の海産物が作られています。北陸新幹線開業を機に、新鮮な海の幸も有名になりました。「海と日本プロジェクトinいしかわ」は、様々な海の姿、人々の暮らしや想いを伝え、石川県の豊かな海を未来につなぐ活動を行っています。
ふくべ_01

能登町宇出津・過疎の町で事業を拡大させる「ふくべ鍛冶」

能登町宇出津にあるふくべ鍛冶。明治41年創業、石川県に唯一残る正統派の鍛冶屋として包丁を始め様々な刃物を作っています。能登半島地震で店舗や工場もダメージを受け職人達も被災しましたが、いち早く事業再開に漕ぎ着けました。それは従業員の暮らしを守…

  • レポート
したひら_1

能登町宇出津の漁業と鮮魚店

  • レポート
すず弁当_1

珠洲・被災者が作る避難所向け弁当事業

  • レポート
能登の復興シンボル

能登半島地震からの復興を願って

  • お知らせ
タイトル

金沢・犀川下流域の清掃活動を開催

  • レポート
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP