古来、石川県の人々は海と深く関わってきました。国連の世界農業遺産に認定された能登には、輪島の海女漁や珠洲の塩田など、海に寄り添う暮らしが根づきます。北前船で栄えた加賀や金沢には往時を偲ばせる町並みが残り、伝統の海産物が作られています。北陸新幹線開業を機に、新鮮な海の幸も有名になりました。「海と日本プロジェクトinいしかわ」は、様々な海の姿、人々の暮らしや想いを伝え、石川県の豊かな海を未来につなぐ活動を行っています。
海洋教育フォーラム-1

こども達に「海洋プラスチックごみ」をどう伝えれば良いのか…

  • レポート
犀川プラごみ-1

大量のPETボトルが溜まる犀川下流をきれいに!!

  • イベント
海藻ふりかけ-1

能登町・松波中学3年生が ”海藻ふりかけ作り”

  • レポート
小木小まとめ-1

能登町・小木小学校 ”里海発表会”

  • レポート
海洋教育フォーラム-1

海洋プラスチックごみ問題を考える海洋教育フォーラムです

  • イベント
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP