古来、石川県の人々は海と深く関わってきました。国連の世界農業遺産に認定された能登には、輪島の海女漁や珠洲の塩田など、海に寄り添う暮らしが根づきます。北前船で栄えた加賀や金沢には往時を偲ばせる町並みが残り、伝統の海産物が作られています。北陸新幹線開業を機に、新鮮な海の幸も有名になりました。「海と日本プロジェクトinいしかわ」は、様々な海の姿、人々の暮らしや想いを伝え、石川県の豊かな海を未来につなぐ活動を行っています。
横浜まいもん-1

横浜・たまプラーザに「海と日本のいろどり珍味三昧」登場!!

この夏、海と日本プロジェクトin石川県実行委員会が企画した「能登の海と魚を学ぶイベント」から生まれたオリジナルのお寿司が、横浜・たまプラーザに登場しました。…

  • レポート
Fのさかな-1

フリーペーパー「Fのさかな」に海と日本プロジェクトの記事掲載!!

  • お知らせ
能登丼表彰-1

能登丼が快挙!!「地域づくり表彰」最高賞に輝きました!!

  • お知らせ
輪島かにまつり-1

カニ、カニ、カニ!!【輪島かにまつり2018】11月18日(日)開催!!

  • イベント
たまプラ-1

11月17日(土) 横浜・たまプラーザに “こども達が考えた寿司” が登場

  • イベント

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
  3. #27海のパン
    東京・銀座で"海のパン”
PAGE TOP