海と日本プロジェクト in いしかわ

木ノ浦-2

 海岸線の総延長が約580㎞もある石川県は、古来から海と深いつながりを持ち、豊かな海から計り知れない恩恵を受けてきました。しかし近年、流通や経済が高度に発達し、自然環境が変化する中で、私達の海に対する意識が薄れてきています。特に子ども達にとっては、海の恵みが分かりにくい世の中の仕組みになっていると言えます。
 その一方、特に能登半島は2011年6月に世界農業遺産に日本で初めて認定されるなど、里山里海を大切にする昔ながらの暮らしが根付いています。そして若い世代からは、現代に合った里山里海の生活や体験を提案・実践する人材が次々に生まれ始めているのです。
 「海と日本プロジェクト in 石川県実行委員会」は、こうした様々な活動や生活を幅広く伝えることで人々の海に対する意識を高め、豊かな海を未来につなぐ環境づくりを推進してゆきます。

名称 一般社団法人石川海洋研究所
組織の所在地 石川県金沢市観音堂町チ18番地 石川テレビ内
お問い合わせ 076-267-2141 ishikawa@uminohi.jp
プライバシー
ポリシー
プライバシーポリシー
個人情報に関する
お取り扱い
お預かりした個情情報は、当社からのご連絡(電話を含む)や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。
定款 定款
役員名簿 役員名簿
事業計画書
(令和5年度)
事業計画書(令和5年度)
事業報告書
(令和4年度)
事業報告書(令和4年度)
決算書類 貸借対照表/正味財産増減計算書/剰余金処分案/財産目録

一般社団法人石川海洋研究所

  1. 「里海科」という授業を設け、海洋教育が盛んな能登町小木
  2. 奥能登・珠洲には江戸時代から伝わる揚げ浜式塩田が残る
  3. 日本海に面した金沢の港町にも北前船貿易で発展した歴史が

 

 

Pickup

  1. ふくべ_01
    能登町宇出津・過疎の町で事業を拡大させる「ふくべ鍛冶」

    能登町宇出津にあるふくべ鍛冶。明治41年創業、石川県に唯一残る正統派の鍛冶屋として包丁を始め様々な刃…

  2. したひら_1
    能登町宇出津の漁業と鮮魚店

    奥能登の内浦。富山湾に面した能登町宇出津は、幾多の定置網が集積する漁業の町。特に冬場の天然能登寒ぶり…

  3. すず弁当_1
    珠洲・被災者が作る避難所向け弁当事業

    元日に発生した最大震度7の能登半島地震。珠洲で被災した飲食店主や被災者自身が、避難所向けの夕食弁当を…

  4. 能登の復興シンボル
    能登半島地震からの復興を願って

    2020年冬に発生し、およそ4年間にわたって世界を揺るがした新型コロナウイルス感染症も漸く沈静化。私…

  5. 海ノ民話アニメ_1
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP