海と日本プロジェクト in いしかわ

木ノ浦-2

 海岸線の総延長が約580㎞もある石川県は、古来から海と深いつながりを持ち、豊かな海から計り知れない恩恵を受けてきました。しかし近年、流通や経済が高度に発達し、自然環境が変化する中で、私達の海に対する意識が薄れてきています。特に子ども達にとっては、海の恵みが分かりにくい世の中の仕組みになっていると言えます。
 その一方、特に能登半島は2011年6月に世界農業遺産に日本で初めて認定されるなど、里山里海を大切にする昔ながらの暮らしが根付いています。そして若い世代からは、現代に合った里山里海の生活や体験を提案・実践する人材が次々に生まれ始めているのです。
 「海と日本プロジェクト in 石川県実行委員会」は、こうした様々な活動や生活を幅広く伝えることで人々の海に対する意識を高め、豊かな海を未来につなぐ環境づくりを推進してゆきます。

海と日本プロジェクト in 石川県実行委員会

  1. 「里海科」という授業を設け、海洋教育が盛んな能登町小木
  2. 奥能登・珠洲には江戸時代から伝わる揚げ浜式塩田が残る
  3. 日本海に面した金沢の港町にも北前船貿易で発展した歴史が

会長
 金沢大学客員教授・農学博士(金大里山里海プロジェクト研究代表) 中村浩二

主な協力団体

  • 金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設
  • 石川県観光連盟
  • のとじま水族館
  • 石川県漁業協同組合
  • 珠洲市観光交流課
  • 輪島市観光課
  • 能登町ふるさと振興課
  • 穴水町観光交流室
  • 七尾市観光交流課
  • 志賀町商工観光課
  • 羽咋市商工観光課
  • 宝達志水町企画振興課
  • かほく市産業振興課
  • 内灘町都市整備部
  • 金沢市観光政策課
  • 白山市観光課
  • 能美市観光交流課
  • 小松市観光交流課
  • 加賀市観光交流課
  • NPO法人 能登すずなり
  • 中日新聞北陸本社

Pickup

  1. 安宅小-1
    小松市・安宅小学校で北前船の課外授業が行われました

    小松市の安宅小学校5年生が「北前船こども調査団」ガイドブックを使って学びを深めました!!…

  2. 海洋ごみ-0
    海洋ごみ対策ムーブメントが始動します

    日本財団は11月27日(火)、【海と日本プロジェクト】の活動の一環として「海洋ごみ対策ソーシャルムー…

  3. 横浜まいもん-1
    横浜・たまプラーザに「海と日本のいろどり珍味三昧」登場!…

    この夏、海と日本プロジェクトin石川県実行委員会が企画した「能登の海と魚を学ぶイベント」から生まれた…

  4. Fのさかな-1
    フリーペーパー「Fのさかな」に海と日本プロジェクトの記事…

    海と日本プロジェクトinいしかわが企画して、今年7/31(火)〜8/1(水)に小学5・6年生30人が…

  5. 能登丼表彰-1
    能登丼が快挙!!「地域づくり表彰」最高賞に輝きました!!…

    今年度の国土交通省の「地域づくり表彰」で、国連の世界農業遺産に認定されている奥能登の里山里海の恵みを…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP