イベント

「豪商・銭屋五兵衛の生涯から海の大切さを学ぶツアー」(4)

4-昼食-3

昼食には油与商店の「ぬか漬け」2品も出ました

油与商店のぬか漬けも伝統の食文化

  1. ぬか漬けの説明をするのは地元金石の油与商店・寺尾高明代表
  2. 何故毒が抜けるのか解らない…ふぐの卵巣のぬか漬けは冷奴に
  3. 甘エビの「海鮮ぬか漬け」は、焼いたフランスパンに乗せて。

銭五ツアー昼食のもう一つの目玉が、金石・油与商店で作られている海産物加工品であるぬか漬けです。これもまた北前船貿易の流れを汲む食材で、保存食として発達した伝統的な食品です。何故毒が抜けるのかが科学的に解明されていないのが、「ふぐの卵巣のぬか漬け」。濃厚な旨みが凝縮された珍味で、酒の肴になりますし、お茶漬けで食べても絶品です!! でも今回の主役は子ども達…。そこで油与商店の奥さんのアイディアで、ネギと一緒に冷奴に乗せることで、優しい料理になりました。もう一品は甘エビを使った「金沢海鮮ぬか漬け」。特に魅力的なブランドとして将来の成長が期待できるため、平成27年度の食品部門「プレミアム石川ブランド製品」に認定された逸品です。その甘エビは、焼いたフランスパンの上にアボカドと合わせてトッピング。イタリアンな味わいに、参加者も満足そうでした!!

金石・大野に伝わる食文化を堪能

幕末から明治にかけて栄えた北前船貿易。日本の海を駆けめぐった豪商・銭屋五兵衛には、今なお金石・大野に伝わる食文化の礎を築いたという功績もあるのです。参加した皆さんは、北前船や底引き網漁といった“海の恵み”を学びつつ、美味しい昼食に満足してくれたようでした。

■銭五ツアーの様子は9/17(土)16:30〜「リフレッシュぷらす」で放送!!

 

イベント名豪商・銭屋五兵衛の生涯から海の大切さを学ぶツアー
参加人数親子18組 36人
日程9月11日(日)
場所石川県金沢市・金石地区と大野地区
主催海と日本プロジェクト in 石川県実行委員会

関連リンク

  1. 北前船の里まつり-1
  2. とも旗祭り-1
  3. 珠洲まるかじり-0
  4. 海洋教育フォーラム-1
  5. かきまつり-1
  6. 宇出津のと寒ぶり祭-1

Pickup

  1. 北前船の里まつり-1
    令和のGW 加賀橋立の「北前船の里まつり」もオススメです…

    10連休の令和GW。加賀橋立で北前船の築いた歴史にふれるのも良いですよ。…

  2. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  3. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  4. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  5. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

 
PAGE TOP