お知らせ

ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

海洋ごみ-1

世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!

なぜ捨てるのか!! 石川県民のモラルが問われている。

  1. 金沢市・伏見川の土手にポイ捨て
  2. どうして川にゴミを捨てるのか
  3. 中洲には大量のペットボトルが

2019年3月14日、北陸新幹線は開業から5年目に入りました。加賀百万石の城下町・金沢には、金沢城や兼六園、美味しい海の幸を求めて大勢の観光客が訪れます。誇らしいことです。しかし──。

金沢市南部の伏見川。その土手にはポイ捨てゴミが散乱し、日々増え続けています。その下流、犀川の中洲には、ペットボトルやレジ袋が醜く溜まっています。大勢の人達が訪れる城下町金沢の、これが哀しい現実なのです。

誰が、なぜゴミを川に捨てるのか──。

内灘海岸は“誰かが捨てたゴミ”で埋め尽くされている…。

  1. 内灘海岸を埋め尽くす漂着ごみ
  2. 大量のペットボトルが転がる…
  3. この光景に誇りを持てますか?

金沢の北側に隣接する内灘町。海岸には驚くほど膨大な量の海洋ごみが打ち上げられています。中国語やハングル語のプラスチック容器等もありますが、日本の街から出たゴミも相当あります。しかも日本人の出すゴミは年々増え続けていると言います。それでも海岸に漂着するゴミは数パーセント。海には今も、遥かに大量のゴミが漂っているわけです。

新鮮で美味しい石川の海の幸。その海も、魚も、大変な危険に晒されている…。

海洋ごみ問題を “自分事” として捉え、一人一人が行動しませんか?

  1. 日本財団・環境省の合同記者発表
  2. 海ごみ対策プロジェクトが始動!
  3. まずは5月30日(ごみゼロ)から

2月18日、日本財団と環境省は「海洋ごみ対策」に関する共同記者発表を行いました。アメリカに次いでプラスチック生産量が多い日本の行動力が問われています。そのため世界に誇れる日本の海洋ごみ対策を推進する「海ごみゼロウィーク」「海ごみゼロアワード」「海ごみゼロシンポジウム」の3施策が発表されました。

母なる海の危機は、人類の危機──。

海洋ごみ問題を自分の危機として考え、行動する時が来ています。世界の海に漂流するゴミは膨大です。しかも日本海の海ごみは突出して多いのです。今後どんな問題が起きるのか、想像を絶します。

・まずはポイ捨てを止める!! 海にゴミを出さないことから始めましょう。

・海岸に漂着したゴミは人間が出したもの。みんなで清掃しましょう。

・いまだ海に漂い続けるゴミ、回収する方法を考えましょう。

 海のために、地球のために、こども達のために。

■Facebook  ■Twitter

 

関連リンク

  1. 的場-1
  2. 海ごみゼロアワードTOP
  3. 2019 海を守る
  4. PRリポート
  5. まいもん新神田-1
  6. Fのさかな-1

Pickup

  1. UTAUMI-1
    6月9日(日)「UTAUMI@内灘海岸」を開催します

    内灘の美しい海と砂浜を守るイベント「UTAUMI」に参加しましょう!!…

  2. 世界の凧の祭典-1
    「世界の凧の祭典」は快晴!! 内灘の海に25,000人が…

    2019年5月12日(日)に内灘海岸で開催された「第31回世界の凧の祭典」は、快晴微風、絶好間のレジ…

  3. イカす会2019-1
    イカの町・小木のイカのイベント【能登小木港イカす会201…

    全国屈指のスルメイカ漁獲を誇る能登小木港で、恒例の「能登小木港イカす会2019」が開かれます!!…

  4. 海ごみゼロウィーク-1
    【海ごみゼロウィーク】の海岸清掃に参加しませんか!?

    平成〜令和にまたがる10連休も終わり、いよいよ「海ごみゼロウィーク」が近づいてきました。…

  5. とも旗-1
    令和元年の「とも旗祭り」は素晴らしい海の祭りでした!!

    石川県の無形民俗文化財に指定されている能登町小木の「とも旗祭り」が令和元年5月2日(木)~3日(金)…

 
PAGE TOP