お知らせ

七尾に「のと里海里山ミュージアム」がオープンしました!!

里山里海ミュージアム-1

七尾市国分町の能登歴史公園に「のと里山里海ミュージアム」が10月28日(日)にオープンしました!!

能登の里山里海の歴史・文化・自然が詰まっています

  1. 能登の趣きが漂うエントランス
  2. 床には能登の絵地図や魚介類が
  3. 能登の里海の自然・漁業を学ぼう

能登立国1300年の節目の今年、七尾・能登歴史公園に「のと里山里海ミュージアム」が誕生しました。国連の世界農業遺産に認定されている能登の里山里海。その歴史や文化、民俗、暮らし、恵まれた自然を総合的に学ぶことが出来る新しい博物館です。エントランスホールに入ると、能登の魅力が凝縮された鮮やかな空間に圧倒されます。シンメトリーなホールの両側に配置された「百景棚」は、じっくり時間をかけて見たいですね。エントランスホールを抜けると、「里海」「里山」「七尾の大地」「七尾の祭り」「歴史」の5つのコーナーがあるミュージアム本館があります。

楽しみながら里海の自然や漁業を学べます

  1. 壁に里海の生物が描かれている
  2. 食べて美味しい「能登なまこ」
  3. 7kgのブリを持ち上げてみよう

里海コーナーには伝統的な伝馬船と風情のある漁具などが展示され、七尾の里海に寄り添う人々の暮らしが解ります。7kgのブリの模型や魚貝クイズ、海中映像もあって楽しく学べるスペースになっています。七尾湾にどんな生き物が生息しているんだろう? どんな漁が行われてきたんだろろう? 親子で里海の知識を蓄えましょう。

能登の里山里海で人々が紡いできた歴史が年表になっています

  1. 海運交易の歴史が解る年表です
  2. 前田利家が整備した七尾の城下
  3. 里山里海の価値を語る和田館長

のと里山里海ミュージアムの順路の奥には、七尾市の発展を築き上げた海運交易を中心とした歴史年表が描かれています。特に江戸時代から明治時代にかけて海を股にかけた北前船は、七尾の産業の成り立ちに大きく貢献しました。昆布やニシンなど海産物は北海道から、和ろうそくの原料は四国や九州から運び込まれ、七尾で作られた酒や味噌醤油が全国に運ばれてゆきました。その歴史は今も一本杉通り商店街に連綿と受け継がれているのです。

能登の様々な側面を伝える「のと里山里海ミュージアム」。館長に就任した和田学さんは「能登の玄関口として栄えた七尾の新しい学習・交流拠点なので、親子連れにも是非来て欲しい」と抱負を語りました。館内には里山里海シアターや学習室・レクリエーションルームなど様々なイベントに活用できるスペースもあるので、学びの場、情報発信の場としての今後が期待されます。

■のと里山里海ミュージアムの詳細は11月3日(土)11:45〜【いしかわの海】で放送

■Facebook  ■Twitter

 

関連リンク

  1. Fのさかな-1
  2. 能登丼表彰-1
  3. ズワイ解禁-1
  4. うみぽす-1
  5. 灯台の日
  6. 20181010_海プロ寿司発売L(北陸中日)

Pickup

  1. 横浜まいもん-1
    横浜・たまプラーザに「海と日本のいろどり珍味三昧」登場!…

    この夏、海と日本プロジェクトin石川県実行委員会が企画した「能登の海と魚を学ぶイベント」から生まれた…

  2. Fのさかな-1
    フリーペーパー「Fのさかな」に海と日本プロジェクトの記事…

    海と日本プロジェクトinいしかわが企画して、今年7/31(火)〜8/1(水)に小学5・6年生30人が…

  3. 能登丼表彰-1
    能登丼が快挙!!「地域づくり表彰」最高賞に輝きました!!…

    今年度の国土交通省の「地域づくり表彰」で、国連の世界農業遺産に認定されている奥能登の里山里海の恵みを…

  4. たまプラ-1
    11月17日(土) 横浜・たまプラーザに “こども達が考…

    こども達のアイディアから生まれた新しいお寿司「海と日本のいろどり珍味三昧」が11月17日(土)、金沢…

  5. いきいき-1
    金沢港いきいき魚市はズワイガニだらけ!!

    いよいよやってきました!! 日本海の冬の味覚の王者といえばズワイガニです!!…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP