お知らせ

2019年。海を守るための活動は、加速します。

2019 海を守る

2019年となりました。

古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。

2018年。夏を迎える頃から、急に海洋ごみの問題が浮上してきました。

特に大きくクローズアップされたのが、プラスチックゴミです。この3年間、石川の様々な海の顔を見てきました。奥能登の海は特に美しく、その豊かな恵みに抱かれた暮らしに感謝する日々です。その反面、海岸に打ち寄せられたプラスチックゴミの醜さに、呆然と、そして慄然とします。

累々と、累々と──。

波打ち際に漂着しているのは、快適さを追い求め、そのことにさえ気づかなくなって、当たり前のように享受している私達の暮らしの痕跡そのものです。しかし海岸に漂着していないプラスチックゴミは、今もこの瞬間も、海を彷徨い続けています。

海は、私達の快適な暮らしの結果を、飲み込み続けているのです。

黙々と、黙々と──。

広大な地球の海に漂うゴミは、回収できません。でも街から出るゴミは、止められます。

快適な暮らしの罪に気づくことから2019年を始めませんか。

地球の命の源、海を守るために。

 

  • 「2019年。海を守るための活動は、加速します。」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/article/?p=4267" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. 能登の復興シンボル
  2. 珠洲CPキャラバン_001
  3. 海の幸セット_01
  4. まいもん寿司-1
  5. 海PJサザエ-1
  6. Fのさかな-1

Pickup

  1. ふくべ_01
    能登町宇出津・過疎の町で事業を拡大させる「ふくべ鍛冶」

    能登町宇出津にあるふくべ鍛冶。明治41年創業、石川県に唯一残る正統派の鍛冶屋として包丁を始め様々な刃…

  2. したひら_1
    能登町宇出津の漁業と鮮魚店

    奥能登の内浦。富山湾に面した能登町宇出津は、幾多の定置網が集積する漁業の町。特に冬場の天然能登寒ぶり…

  3. すず弁当_1
    珠洲・被災者が作る避難所向け弁当事業

    元日に発生した最大震度7の能登半島地震。珠洲で被災した飲食店主や被災者自身が、避難所向けの夕食弁当を…

  4. 能登の復興シンボル
    能登半島地震からの復興を願って

    2020年冬に発生し、およそ4年間にわたって世界を揺るがした新型コロナウイルス感染症も漸く沈静化。私…

  5. 海ノ民話アニメ_1
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP