番組情報

「うみぽす」 ワークショップ in 金沢科学技術専門学校

DSCN1198

8月24日(水)に「うみぽすグランプリ2016」ポスターの作り方ワークショップを金沢科学技術専門学校 で開催しました!

「うみぽすグランプリ2016」ワークショップを金沢で開催

  1. ワークショップが開催された金沢科学技術専門学校Kist 
  2. Kistの学生20人が参加。事前に「うみぽす」を制作した
  3. 海洋連盟の内田聡さん(右)と 加藤才明さん(左)が講師

8月24日(水)、金沢市三社町にある金沢科学技術専門学校「Kist」に、東京の海洋連盟から内田聡さんと加藤才明さんやってきました。日本財団が推進する【海と日本プロジェクト】の一環として展開する「うみぽすグランプリ2016」に応募してもらうため、そのポスター制作のワークショップを開催したのです。講義を受けたのはKIstの学生20人で、全員が7月中に海に関連した写真を撮影し、コピーを張り付けたポスターを事前に制作してワークショップに臨みました。

ワークショップの様子

  1. 真剣なまなざしの学生たち
  2. 作品はどうすれば良くなるのか
  3. その場で作品を作り直す学生も

「うみぽす」は、基本的には身近な海を題材にした写真や絵を使い、地元の海の良さや魅力をアピールするポスターを制作するのが狙い。講師の加藤さんは、学生たちが作ったポスターをそれぞれプロジェクターに映し出し、文字の大きさや配置、使うフォントの種類でイメージががらりと変わること、自分の伝えたいコピーをクローズアップさせるテクニックなどを細かく講義しました。

 

学生達の作品に様々な論評が

  1. 沖縄に家族旅行した時の写真
  2. 内灘町の公園で撮影した写真
  3. 海が映っていないのが高評価

いくつか学生達の作品を紹介します。まず左は、沖縄の海に家族で遊びに行った写真をベースに作ったポスターで、文字は自分自身の手書き。加藤さんは「文字がハマッていて良い作品だ」と評価しました。続いて真ん中の作品には「これは【きみ】という文字がポイントだから、もっと文字を大きくして配置を考えた方が、作品の主張が強く出る」とアドバイス。右の“輪島の大敷”というポスターについては「学生達の作品の中で、唯一海が映っていない。沢山の応募作品を勝ち抜くには、テーマが被ったら不利。こういう作品は目立つので良いかも」と、コンテストを勝ち抜く秘訣も伝授していました。勉強になりますね。

■この模様は、8/29(月)9:55-10:50「石川さん情報Live リフレッシュ」で放送しました。

 

関連リンク

  1. 名称未設定2
  2. #26ph測定
  3. #28カニ
  4. #27海のパン
  5. 恋ワーク
  6. 灯台朝焼け

Pickup

  1. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  2. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  3. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  4. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

  5. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

 
PAGE TOP