番組情報

美しい珠洲の海を守るための清掃活動

方岩清掃-3

真夏の太陽が照りつけた珠洲市・方岩海岸の清掃が行われました。

「NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海」の清掃活動

  1. 8月20日(土) 朝、外浦の珠洲市方岩海岸に集まった地元の人達
  2. あいさつする加藤秀夫さんは、おらっちゃの里山里海副理事長
  3. 近くには揚げ浜式塩田が多く、美しい海を保つのは大切なこと

珠洲での里山里海教育や環境保全などに取り組んでいる「NPO法人 能登半島おらっちゃの里山里海」の呼びかけで、珠洲市・方岩海岸での清掃活動を行いました。“おらっちゃ”によると、これまで鉢ヶ崎など砂浜のビーチ清掃はやってきましたが、磯の清掃活動はしてこなかったそうです。珠洲の外浦に広がる磯は、今では奥能登の里海暮らしの象徴とも言える「揚げ浜式製塩」が盛んです。当たり前のことですが、自然の海水を使う珠洲の塩田で作られた塩は、人の口に入ります。不純物や汚染物質が混入する海水では作れません。それでも塩が作れるのは、珠洲の海がピュアである証しです。

そんな美しい海を守ること、守る人達を増やすこと──それが目的です。

 

地元の人達も参加しました

  1. 94歳の誕生日を迎えた人も
  2. 1時間弱で大量のゴミを回収
  3. 里海を清掃した地元の人達

この海は、約20年前に大きな被害を受けました。ロシアのタンカー「ナホトカ号」が1997年1月に島根県沖で座礁。大量流出した重油が漂流し、珠洲の海に漂着し、美しい珠洲の海を真っ黒に染めたのです。あれから20年、珠洲の海にナホトカ重油の影響はまったく残っていません。海を大切に思う人々の努力、そして自然の復元力によって、珠洲の海は何事もなかったかのように、本来のきれいな姿を取り戻しました。この海は、地元の人達にとっては正に生活の糧です。この日の清掃に参加した中で最高齢 94歳の橋さんは、「モズクとかワカメとか、この海で採って生活してきた」と、痛む足を引きずって清掃活動に参加した気持ちを話してくれました。

■珠洲の清掃は、9/3(土)の石川テレビ「リフレッシュぷらす」(16:30〜17:25)で放送!!

 

関連リンク

  1. 名称未設定2
  2. #26ph測定
  3. #28カニ
  4. #27海のパン
  5. 恋ワーク
  6. 灯台朝焼け

Pickup

  1. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  2. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  3. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  4. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

  5. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

 
PAGE TOP