レポート

「世界の凧の祭典」海と魚のステージや、海プロ無料凧の配付も

凧の祭典-20

 「第30回世界の凧の祭典」では【海と日本プロジェクト】の無料凧も配付しました!!

 

楽しいステージイベントもありました

  1. 内灘町民「YOSAKOIソーラン」
  2. 海プロ応援リポーターが司会
  3. “さかな芸人ハットリ”も参加!!

 アメニモマケズ…。降りしきる雨の中での開催となった「第30回世界の凧の祭典」ですが、開会式前には地元内灘の“ゆかいな仲間達”が華麗な「YOSAKUIソーラン」で大会を盛り上げました!!

 ステージでは「海と日本プロジェクトinいしかわ」応援リポーターを担う地元芸人ハンディやしきさんと石川テレビ加藤愛アナウンサーが司会を担当。第30回を記念して呼んだ“さかな芸人ハットリ”もイベントに参加し、午前・午後の2回にわたって“海につながるお笑いステージ”を繰り広げました。ハットリさんは何と、【300種類の魚を釣るまで自分で釣って調理した魚以外食べないチャレンジ】という無謀な(?!)とんでも企画を実行中。結構痩せていっているような…。体には気をつけて下さいね。

 

【海と日本プロジェクト】の無料凧配付

  1. 用意した【海プロ凧】は100枚
  2. 大勢の人達が並んでくれました
  3. ハットリさん・川口さんが配付!

 会場では正午からスポンサーの凧や、海と日本プロジェクトの凧を無料で配付しました。多くの親子連れが並んでくれて、特にこども達は嬉しそうに受け取ってくれました。が、雨は一向に止む気配もなく、誰も無料凧を揚げませんでした…。これは仕方がないですね。でも天気が良い日に美しい内灘海岸で、思う存分揚げて下さいね−!!

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名第30回 世界の凧の祭典
日程2018年5月13日(日)
場所内灘海水浴場特設会場(石川県内灘町)
主催内灘町世界の凧の祭典実行委員会 石川テレビ放送
協賛金沢医科大学
協力日本の凧の会

関連リンク

  1. 観音埼灯台の春-1
  2. 海洋教育F-1
  3. 安宅小-1
  4. 海洋ごみ-0
  5. 横浜まいもん-1
  6. いきいき-1

Pickup

  1. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  2. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  3. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  4. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

  5. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

 
PAGE TOP