レポート

底引き網漁の水揚げ かなざわ総合市場

金沢港-6

金沢港の石川県漁協かなざわ総合市場に、底引き網漁の魚類が並ぶ

底引き網漁で水揚げされた魚

  1. 魚の王様と言われるマダイ
  2. メギスは代表的な秋の味覚
  3. 煮付や唐揚げで美味いカレイ

金沢港にある石川県漁協かなざわ総合市場には、9月2日夕方、水揚げされた底引き網漁の魚類が次々に並べられていました。底引き網漁の代表的な魚は、マダイやメギス、カレイ。メギスは塩茹でして酢醤油で食べたり、団子にして味噌汁にするのが美味しいです。

毛ガニやハタハタ、ゲンゲンボウも

  1. 毛ガニは北海道だけじゃない!!石川県の毛ガニは絶品です
  2. 左がハタハタ、右は金沢名物のゲンゲンボウ(ノロゲンゲ)
  3. ウマヅラハギは肝が美味しい!!新鮮なら刺身で、鍋にも合う

その他には毛ガニも。北海道だけじゃなく金沢沖や輪島沖でも毛ガニが揚がるのです。個人的には北海道の毛ガニより繊細な味で美味しいと思います…。金沢の皆さんも料理屋で食べているのがすべて北海道産だと思い込んでいませんか? 地元のことを知りましょう。ハタハタも代表的な秋の魚で唐揚げや煮付けが旨い。写真右側のツルリ、というかヌルリとした魚は、金沢ではゲンゲンボウと言いますが、正式名称はノロゲンゲ。深海魚でコラーゲンたっぷり、淡泊な魚でブツ切りにしてお吸い物で出す割烹などもあります。ウマヅラハギは、その名の通り“馬面”をしたカワハギの仲間です。新鮮なものは肝が絶品で酒の肴にピッタリ!! 寿司屋ではカワハギの白身の上に肝を乗せたりして出しますが、寄せ鍋の具としても良いです。クチとツノと腹ビレを落としたら、口元から皮をベロンと剥がせます → だからカワハギ。肝は傷つけないようにしましょう。

イベント名底引き網漁解禁
日程9月1日解禁 9月2日取材
場所金沢港いしかわ総合市場

関連リンク

  1. 世界の凧の祭典-1
  2. とも旗-1
  3. 観音埼灯台の春-1
  4. 海洋教育F-1
  5. 安宅小-1
  6. 海洋ごみ-0

Pickup

  1. UTAUMI-1
    6月9日(日)「UTAUMI@内灘海岸」を開催します

    内灘の美しい海と砂浜を守るイベント「UTAUMI」に参加しましょう!!…

  2. 世界の凧の祭典-1
    「世界の凧の祭典」は快晴!! 内灘の海に25,000人が…

    2019年5月12日(日)に内灘海岸で開催された「第31回世界の凧の祭典」は、快晴微風、絶好間のレジ…

  3. イカす会2019-1
    イカの町・小木のイカのイベント【能登小木港イカす会201…

    全国屈指のスルメイカ漁獲を誇る能登小木港で、恒例の「能登小木港イカす会2019」が開かれます!!…

  4. 海ごみゼロウィーク-1
    【海ごみゼロウィーク】の海岸清掃に参加しませんか!?

    平成〜令和にまたがる10連休も終わり、いよいよ「海ごみゼロウィーク」が近づいてきました。…

  5. とも旗-1
    令和元年の「とも旗祭り」は素晴らしい海の祭りでした!!

    石川県の無形民俗文化財に指定されている能登町小木の「とも旗祭り」が令和元年5月2日(木)~3日(金)…

 
PAGE TOP