レポート

珠洲伝統の揚浜式製塩と馬緤町の砂取節祭り

砂取節-1

全国で唯一、奥能登・珠洲に受け継がれてきた揚浜式製塩は、まさに海の賜物。その苛酷な作業の際に歌われた「砂取節」の祭りです。

日本で唯一残る珠洲の揚浜式製塩

  1. 昭和初期・海水を桶で汲み上げる
  2. 重い海水を幾度も塩田へと運ぶ
  3. 今でも行われている潮撒き作業

2008年に国指定重要無形民俗文化財となった「能登の揚浜式塩田製塩の技術」。春先、塩作りに取りかかる前に粘土で塩田の底を固め、そこに遠方から小舟で運んだきめ細かな砂を敷き詰める。砂の善し悪しが塩の出来を左右するため、命懸けでの砂の運搬は大切な作業だったという。昭和初期の塩田風景の写真には、すべて人力による苛酷な揚浜式製塩が刻まれている。

奥能登の揚浜式製塩の歴史は古い。江戸時代初期には835もの塩田があったというが、加賀藩が塩作りを奨励したため、耕地に乏しい奥能登の人々が重労働の塩作りに精を出し、奥能登全域で揚浜式製塩が行われた。

苛酷な作業の際に歌われた「砂取節」

  1. 仁江海岸に続いた揚浜式製塩
  2. 馬緤町は「砂取節」発祥の地
  3. 「砂取節」の一節を刻む石碑

波風冷たい春先の小舟での砂運び、灼熱の炎天下での塩作りなど苛酷な揚浜式製塩の際、雇われた人達が歌った労働歌が「砂取節」だ。明治に入って化学的製塩が発達、揚浜式製塩が廃れるとともに「砂取節」も消滅しそうになっていたが、昭和30年代に珠洲市馬緤町の元教員・坂長作氏(明治17年生まれ)の長老からの聞き取りによって「砂取節」が遺された。昭和37年には珠洲市指定無形文化財に、昭和43年には石川県指定無形民俗文化財に指定されている。馬緤町には「砂取節発祥之地」と「砂取節」の一説を刻んだ石碑がある。

「おらは雇い人だ しかたの風だ / お日の入る場を 待つばかり」

「しかたの風」とは西から吹く風で、春先に小舟で砂を運ぶ際に冷たい西風に煽られると転覆の危険性があり、雇われ人達が厳しい労働環境を歌い継いだ歴史が垣間見える。

馬緤町に続く「砂取節祭り」

  1. 保存会事務局長・小秀一さん
  2. 毎年8月13日の「砂取節祭り」
  3. 今年は50回の節目の年だった

珠洲市馬緤町では毎年8月13日に「砂取節祭り」が開かれ、日没の海岸沿いに今夏も珠洲の人達が集った。特に第50回の節目を迎えた今年の祭りは盛大で、保存会による「砂取節」が情感豊かに歌われると、会場一体となった輪踊りが繰り広げられ、潮の香漂う夏の夜を彩った。

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名砂取節祭り
参加人数500人
日程2018年8月13日(月)
場所珠洲島馬緤町
主催みんなで楽しもう「砂取節」祭り実行委員会
協力砂取節保存会

関連リンク

  1. 安宅小-1
  2. 海洋ごみ-0
  3. 横浜まいもん-1
  4. いきいき-1
  5. つばき茶屋-1
  6. あんこう-1

Pickup

  1. 宇出津のと寒ぶり祭-1
    1月20日(日)「宇出津港のと寒ぶりまつり」が開催されま…

    能登ふるさと博の絶品奥能登冬グルメ第2弾!! 宇出津港のと寒ぶりまつりが1月20日(日)に開催!!…

  2. ふるさと祭り-1
    東京ドーム・ふるさと祭りで金沢の寿司を食べませんか?

    「東京ドーム・ふるさと祭り」で金沢の絶品寿司が食べられますよ〜!!…

  3. 珠洲あんこう-1
    絶品の「珠洲あんこう祭り」が1月14日(月祝)に開催され…

    寒くなると、海の幸がどんどん美味しくなるよ〜!!奥能登の冬グルメ「珠洲あんこう祭り」が1月14日(月…

  4. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

  5. 大歳の市-1
    金沢港いきいき魚市は正月準備でにぎわってます!!

    お正月の豪華料理の準備なら金沢港いきいき魚市がオススメです!!…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP