レポート

美川里海きときと祭2017

美川-1

9月24日(日)、白山市の手取川河口の美川漁港一帯で、「美川里海きときと祭」が開催されました。

巨大マグロの解体&即売は大人気!!

  1. 長崎産のマグロを手際よく解体
  2. 見るからに美味しそうなマグロ
  3. 朝獲れのサゴシ(小さいサワラ)

「美川里海きときと祭」は美川商工会が中心となって、今年も盛大に行われました。目玉は長崎産70kgのマグロの解体ショー。手際よくマグロが解体されて、きれいな赤身やトロに切り分けられ、飛ぶように売れていました。また鮮魚コーナーにも朝獲れのサゴシ(小さいサワラ)やマダイなど里海の恵みが…。

炭火焼や「ふぐの子糠漬け」も人気です

  1. こちらも人気・炭火焼コーナー
  2. このセットで1,000円ポッキリ
  3. 美川名産 ふぐの子糠漬け

もう一つの人気が炭火焼コーナー。新鮮な魚介が盛りだくさんのセットで1,000円は安い!! もうもうと煙が上がる中、来場者は新鮮な海の幸に舌鼓。そして美川の名物と言えば、「ふぐの子糠漬け」。猛毒のフグの卵巣を使う糠漬けは石川県でしか製造できない珍味です。お茶漬けは定番、冷奴にトッピングしても美味です。

白山の伏流水の恵みです

  1. 美川港周辺に噴き出す伏流水
  2. 伏流水は美川の海産物を支え…
  3. 美川の人達の生活を支えます

そんな美川の海産物加工を支えるのが、「白山美川伏流水群」。環境省の平成の名水百選にも認定された伏流水は、辺り一帯に噴き出していて、美川名産・ふぐの糠漬けの製造に欠かすことができません。また地元の人達は、伏流水を汲んで毎日の料理に使っています。伏流水は美川の海にも噴き出して、好漁場を形成しているそうですよ。

■「美川里海きときと祭・伏流水」は10月7日(土)11:45〜11:50 石川テレビ【いしかわの海】で放送

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名美川里海きときと祭
日程2017年9月24日(日) 9:00〜14:00
場所白山市・美川漁港周辺
主催美川里海きときと祭実行委員会(美川商工会)

関連リンク

  1. 横浜まいもん-1
  2. いきいき-1
  3. つばき茶屋-1
  4. あんこう-1
  5. 輪島ふぐ-1
  6. まいもん寿司発売-1

Pickup

  1. 横浜まいもん-1
    横浜・たまプラーザに「海と日本のいろどり珍味三昧」登場!…

    この夏、海と日本プロジェクトin石川県実行委員会が企画した「能登の海と魚を学ぶイベント」から生まれた…

  2. Fのさかな-1
    フリーペーパー「Fのさかな」に海と日本プロジェクトの記事…

    海と日本プロジェクトinいしかわが企画して、今年7/31(火)〜8/1(水)に小学5・6年生30人が…

  3. 能登丼表彰-1
    能登丼が快挙!!「地域づくり表彰」最高賞に輝きました!!…

    今年度の国土交通省の「地域づくり表彰」で、国連の世界農業遺産に認定されている奥能登の里山里海の恵みを…

  4. たまプラ-1
    11月17日(土) 横浜・たまプラーザに “こども達が考…

    こども達のアイディアから生まれた新しいお寿司「海と日本のいろどり珍味三昧」が11月17日(土)、金沢…

  5. いきいき-1
    金沢港いきいき魚市はズワイガニだらけ!!

    いよいよやってきました!! 日本海の冬の味覚の王者といえばズワイガニです!!…

番組情報

  1. #26ph測定
  2. #28カニ
PAGE TOP