レポート

能登町・小木小学校“里海科”の公開授業 (1)

里海科公開-1

能登町・小木小学校のこども達がふるさとの海を学ぶ「里海科」の公開授業です。

4年生の里海活動は、故郷が誇る小木のイカを調べます

  1. 高台にある能登町・小木小学校
  2. 4年生は小木のイカ漁を調べた
  3. JF小木で聞いたことをまとめる

文部科学省の特定校として、先進的な海洋教育“里海科”のカリキュラムを実践している能登町の小木小学校で、1学期の「海の学び」を発表する公開授業が行われました。4年生の教室では荻野輝紀先生の指導の下、故郷の誇りであるイカ釣り漁について調べています。

小木の暮らしを支えるイカ釣り漁を心に刻んでゆく

  1. イカ漁が町を支えることを学ぶ
  2. 板東さんはイカ漁の誇りを強調
  3. 小木の海への思いが膨らみます

4年生は、6月28日(木)に行った課外授業では、JF小木支所の板東博一さんからイカ釣り漁船の仕組みや仕事内容、獲ったスルメイカの保存方法などを教わりました。そんな学びを通してこども達は、ふるさとの誇りであるイカ釣り漁、そして海についての理解を深めてゆくのです。

教室には学びの成果が掲示されていました

  1. JF板東さんの授業を教室に掲示
  2. イカ釣り漁の様々な知識を得た
  3. 4年生全員が作った“小木の新聞”

4年生の教室には、JFの板東さんから教わったイカ釣り漁の内容が写真と共に掲示されていました。また廊下側の壁には、こども達一人一人が小木のイカ漁について学んだことをもとに作った新聞が掲示されていました。様々な里海活動を通して、こども達は自分達の暮らしが海に支えられていることを知り、心に刻み込んでゆくのですね。

■Facebook  ■Twitter

 

イベント名里海科研究発表会・能登の海洋教育シンポジウム
日程2018年7月13日(金)
場所能登町立小木小学校
協力能登里教育研究所

関連リンク

  1. 観音埼灯台の春-1
  2. 海洋教育F-1
  3. 安宅小-1
  4. 海洋ごみ-0
  5. 横浜まいもん-1
  6. いきいき-1

Pickup

  1. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  2. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  3. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  4. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

  5. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

 
PAGE TOP