レポート

海ごみゼロウィークスタート

タイトル2

海ごみゼロウィークスタートの530日(日)の早朝2つのエリアに分かれて清掃活動が行われたました。

能美市・加賀舞子海浜公園

  1. AM7:00に集合
  2. キレイに見える海岸ですが・・
  3. よく見ると・・・

まずは石川県能美市の加賀舞子海浜公園。近くに本社を構え廃棄物処理などを行う日本海開発と、清掃活動に賛同し同じ地元・能美市に本社を構える前田製菓の社員や家族の皆さん。日本海開発廃棄物処理などを行う会社ですが、海ごみゼロアワード2021にエントリーされており海洋プラスチックごみ問題に対して意識が高く、昨年に引き続き海岸清掃を開催。早朝7:00に約45人が集まりました。

綺麗な浜辺に見えましたが・・・

  1. ごみが砂に埋もれ隠れています
  2. 大半が漂着した漁具などのゴミ
  3. 日本海開発と前田製菓の皆さん

能美市の賀舞子海浜公園を見渡すとゴミがほとんどないように見えました。いざ清掃活動を始めてみると砂に埋もれた漁網やロープ、ウキなどの漁具などの海洋ごみが次々と見つかりました。

賀舞子海浜公園の清掃活動は約1時間で終了。集まった海ゴミはトラック1台分以上となりました。

金沢市・専光寺海岸

  1. 親子の参加が多く見られました
  2. ペットボトルは691本
  3. 84名の参加がありました

アーバントラウト犀川を見守る会の2021年4回目の清掃は、金沢市・犀川左岸河口の専光寺海岸の海ごみ清掃。8時30分から10時の活動時間に84人が集まりました。
天気も良く家族連れでの参加や釣りの合間に参加してくださる方など続々と参加者が集まりゴミだらけだった海岸も清掃する事ができました。今回回収したペットボトルは691本と数は少なかったですが、代わりに燃えるゴミがいつもより多く、トラック3台分ものゴミを回収しました。

綺麗になりました

海ごみゼロウィークは6月8日まで。こうした海洋ゴミの清掃活動を通して少しでも海が綺麗になり、意識を思った人が一人でも多く増えることを望みます。

■Facebook  ■Twitter

イベント名海ごみゼロウィークスタート
参加人数能美市・加賀舞子海浜公園 45人、金沢市・専光寺海岸 84人
日程2021年5月30日
場所能美市・加賀舞子海浜公園、金沢市・専光寺海岸
主催能美市・加賀舞子海浜公園:日本海開発、金沢市・専光寺海岸:アーバントラウト犀川を見守る会
協力ストップ!海洋ごみプロジェクトinいしかわ実行委員会 石川テレビ
  • 「海ごみゼロウィークスタート」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/article/?p=7136" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. オリイベ白帆台-1
  2. オリイベ白帆台2-1
  3. 熱源①
  4. ズワイ輝-1
  5. DSC06470
  6. 海と食-1
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP