レポート

加賀伝統の郷土料理「柿の葉寿司」づくりイベント①

柿の葉寿司1_1

加賀橋立で鮮魚を見学

  1. 加賀在住の親子9組22人が参加
  2. 加賀・橋立港前にあるマルヤ水産
  3. 新鮮な魚介が1階の店舗に並ぶ

3月3日(日)、JA加賀にこにこランドに加賀市在住の親子9組22人が集まりました。日帰りで石川県の漁業や魚介を学び、山海の幸を使う加賀の郷土料理「柿の葉寿司」を作るイベントです。開会式の後、一行は加賀市の橋立漁港へ移動、港前のマルヤ水産の1階店舗に並ぶ新鮮魚介を見学しました。

マルヤ水産は自ら底引き網漁船も所有

  1. マダイ、ノドグロ、アカガレイ
  2. 説明はマルヤ水産・湯谷誠さん
  3. こんなに鮮魚を見るのは初めて

マルヤ水産は底引き網漁船・宝勝丸を所有し、橋立沖の新鮮魚介を店舗に並べています。11月6日の解禁から3月20日まではズワイガニが中心ですが、ほかの鮮魚も当たり前のように美味しい上に、実は干物も絶品! 金沢港いきいき魚市支店もあります。
イベント参加者は地元加賀に住んでいながら、これほどマジマジと魚介を見たのは初めてだったようで、「今度買いに来ます!」とはお母さん達。

橋立漁港のフィールドワーク

  1. 悪天候のため出漁を控えた漁船
  2. 船長や乗組員の協力で乗船体験
  3. 網を引くロープは、1〜2kmも

イベント当日は悪天候のため橋立の底引き網漁は休漁。おかげでJF橋立所属の皆さんの協力で、接岸した第五恵比寿丸に乗船できることとなりました。滅多に入れない操舵室や底引き網を引く太いロープ見学など、貴重な乗船体験に子ども達から歓声が上がりました。

競り場や製氷施設も見学

  1. 冬は加能ガニが競り落とされる
  2. 鮮度保持に欠かせない製氷施設
  3. アッという間に細かく砕かれた

底引き網漁船を下りた後は、競り場を見学。通常は夕方に魚介やズワイガニが水揚げされ、ここで次々に競り落とされていくのです。ここでも「夕方の競り見学は出来ますか?」と質問が飛びました。海や漁業を身近に感じてくれたようです。
漁港に欠かせないのが製氷施設。冷凍室には大量の氷が製造保管されており、これを砕いて漁船に乗せて出漁するのです。漁業者にとって水揚げした魚介が高く売れるために必須なのが、鮮度保持。それが漁師さん達の暮らしを支えるのです。

底引き網には海洋プラごみも掛かります

  1. 漁港には引き上げられたゴミも
  2. 大量の海洋プラスチックごみが
  3. 高岩さんが海洋プラごみを説明

橋立漁港の一角には主に底引き網に掛かった海ごみが溜められています。魚貝を取るだけではなく、海洋ごみ回収も漁業者の仕事の一環です。特に問題なのが何百年も海に止まり自然に還らないプラスチック。JFいしかわ・おさかなマイスターの高岩信広さんは、地球の海に排出される海洋プラごみは年間800万トンに及び、2050年には海洋生物の総重量を海洋プラごみが超える可能性があるとの説も伝えました。
マルヤ水産では美味しい鮮魚のこと、橋立漁港では海を守ることを学びました。

■Facebook  X(旧Twitter)

 

イベント名里山里海の幸が融合 加賀伝統の「柿の葉寿司」を作ろう!
参加人数親子9組22人
日程2024年3月3日(日)
場所JA加賀にこにこランド マルヤ水産 橋立漁港
主催一般社団法人・石川海洋環境研究所 (海と日本プロジェクト事務局:石川テレビ)
協力JA加賀 JFいしかわ 橋立漁協 マルヤ水産
  • 「加賀伝統の郷土料理「柿の葉寿司」づくりイベント①」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/article/?p=10312" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. ふくべ_01
  2. したひら_1
  3. すず弁当_1
  4. タイトル
  5. 海ノ民話アニメ_1
  6. 柿の葉寿司2_1

Pickup

  1. ふくべ_01
    能登町宇出津・過疎の町で事業を拡大させる「ふくべ鍛冶」

    能登町宇出津にあるふくべ鍛冶。明治41年創業、石川県に唯一残る正統派の鍛冶屋として包丁を始め様々な刃…

  2. したひら_1
    能登町宇出津の漁業と鮮魚店

    奥能登の内浦。富山湾に面した能登町宇出津は、幾多の定置網が集積する漁業の町。特に冬場の天然能登寒ぶり…

  3. すず弁当_1
    珠洲・被災者が作る避難所向け弁当事業

    元日に発生した最大震度7の能登半島地震。珠洲で被災した飲食店主や被災者自身が、避難所向けの夕食弁当を…

  4. 能登の復興シンボル
    能登半島地震からの復興を願って

    2020年冬に発生し、およそ4年間にわたって世界を揺るがした新型コロナウイルス感染症も漸く沈静化。私…

  5. 海ノ民話アニメ_1
海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP