レポート

NPO法人「能登半島おらっちゃの里山里海」の海岸清掃

珠洲・方岩海岸清掃

8月20日、珠洲の里山里海を守る活動をしているNPO法人「能登半島 おらっちゃの里山里海」のメンバーが、片岩海岸の清掃活動を行いました。

NPO法人「能登半島おらっちゃの里山里海」による海岸清掃

  1. 「おらっちゃ」の会員や地元の人達が参加してゴミ拾い
  2. 方岩の海岸清掃には若者の姿も彼らは「しお・CAFE」の店員
  3. 海岸の石の間には細かいゴミがペットボトルのキャップも多い

NPO法人「能登半島 おらっちゃの里山里海」は、ビーチの清掃活動は行ってきましたが、この夏初めて磯の清掃活動に乗り出しました。場所は珠洲市の方岩海岸。一見するとゴミは少ないようですが、石の隙間には漂着したプラスチックのキャップなど細かいゴミもたくさん見つかりました。「おらっちゃ」は、これまで里山を中心に活動をしてきましたが、今後は金沢大学とも連携し、里海保全の在り方を探っていく考えです。

NPO法人「能登半島おらっちゃの里山里海」による海岸清掃

  1. 1997年 福井県で座礁したロシアタンカー・ナホトカ号から重油が流出
  2. 真っ黒い重油が石川県の海岸線を埋め尽くした
  3. 現在の珠洲の海 海水の美しさは全国でもトップレベル

1997年1月、日本海を航行していたロシアのタンカー、ナホトカ号が島根県沖で沈没、船首はお隣福井県の三国町に座礁しました。タンカーから流出した重油は、海流に乗って珠洲市の海岸にも漂着し、一体は真っ黒な重油で埋め尽くされました。洗浄機などで地元の人たちが1つ1つ石を洗うなど、懸命の除去作業がおこなれましたが、海が元の姿を取り戻すまでには、数年かかりました。小さな貝などは4~5年いなくなったと言います。悪夢の事故から20年、珠洲の海は美しく蘇りました。海水の美しさは、今では全国トップレベル! 珠洲の人たちにとって里海は、守るべきかけがえのない宝物なのです。

イベント名珠洲・方岩海岸の清掃
参加人数40人
日程8月20日(土)
場所珠洲・方岩海岸
主催NPO法人「能登半島おらっちゃの里山里海」

関連リンク

  1. 観音埼灯台の春-1
  2. 海洋教育F-1
  3. 安宅小-1
  4. 海洋ごみ-0
  5. 横浜まいもん-1
  6. いきいき-1

Pickup

  1. 北前船の里まつり-1
    令和のGW 加賀橋立の「北前船の里まつり」もオススメです…

    10連休の令和GW。加賀橋立で北前船の築いた歴史にふれるのも良いですよ。…

  2. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  3. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  4. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  5. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

 
PAGE TOP