レポート

ライフセイバー飯沼誠司さんが、溺れた子どもを救助!

#17溺れている子に向かう飯沼さん1

志賀町・増穂浦海水浴場での安全講習の取材が終わった後、私たちは、ライフセイバーの飯沼誠司さんが実際に溺れた子どもを救助する場面に遭遇しました。

ライフセイバー飯沼誠司さんが溺れた子どもを救助!

  1. 猛然と海に走り出すと…
  2. 溺れていた子を無事に救助
  3. ライフセイバー飯沼さん

これは、増穂浦海水浴場で行われた安全講習を撮影した後、本当に起きたことです。、ライフセイバー飯沼誠司さんによる講習を終えて富来小学校の子ども達が帰った後、波打ち際で最後のコメントの打ち合わせをしていた時でした。

突然海を見た飯沼さんが、「アッ、あの子溺れてる! 助けなきゃ!」と言ったのです。私たちが「エッ? どこに?」と探し始めた時には、既に飯沼さんは海に向かって猛然と走り出していました。その先に、確かに沈みかけて、あがき、叫んでいる子どもが──。私たちが唖然としている僅か数秒の間に、飯沼さんは子どもまで泳ぎ着き、抱き上げて救助したのでした。溺れていると判断するスピード、行動に移すスピード、救助するスピード。そのどれもが、大切な人の命を救うために必要なことだと知りました。

増穂浦海水浴場は遠浅です。溺れた子は、浮き輪を着けて泳いでいましたが、足の届かない深さの場所で、浮き輪の中に体がすり抜けてしまい溺れたようです。僅か10メートルほど先に父親がいましたが、波風の音で我が子の叫びに気付きませんでした。あっという間の出来事でしたが、浅く小さな海水浴でも常に危険と隣り合わせであること、特に小さな子どもがいる場合は、決して目を離してはならないことを痛感しました。同時に飯沼さんが携わるライフセービングとは、本当に人の命を守る仕事であることを実感し、一つの大切な命が助かったことに胸を撫で下ろしました。

イベント名ライフセイバー飯沼誠司さんが溺れた子どもを救助!
日程8/2
場所志賀町・増穂浦海岸
  • 「ライフセイバー飯沼誠司さんが、溺れた子どもを救助!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/article/?p=507" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. ごみゼロ提言-1
  2. UTPZ0726-1
  3. 日本海開発-1
  4. 海の日インタビュー2020トップ
  5. 専光寺プラ清掃-1
  6. 汝惚里-1

Pickup

  1. ごみゼロ提言-1
    小木小学校6年生が能登町に「海ごみ0(ゼロ)」を提言!!…

    石川県能登町の小木小学校は、全国唯一の海洋教育カリキュラム“里海科”を実践する文部科学省特例校。20…

  2. UTPZ0726-1
  3. 日本海開発-1
    能美市・日本海開発さんの根上グリーンビーチ清掃です!!

    https://youtu.be/BJnYeJArrr4…

  4. 橋立海水浴場-1
  5. 海の日インタビュー2020トップ
    「海の日」2020 あなたにとっての海とは?

    だらだらと長引いている今年の梅雨も、もう少しの我慢で終わりますね。そして間もなく夏本番!!・・・です…

海と日本PROJECT in いしかわ
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://ishikawa.uminohi.jp">海と日本PROJECT in いしかわ</a></iframe><script src="https://ishikawa.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP