レポート

全国でここだけ。砂浜を車で走れる能登・千里浜に夏がやってきた!!

千里浜-1

海沿いの砂浜を車で走れるのは日本でここだけ!! 能登・千里浜の海開きです!!

夏本番・千里浜の海開きです

  1. 千里浜の安全を願う神事です
  2. 水難事故など起きませんように
  3. 夏本番を迎え浜茶屋も活気づく

海沿いの砂浜を自動車でもバイクでも自転車でも走れるため全国的に人気のビーチとして知られる能登・千里浜で7月10日、海開きの神事が行われました。神事には羽咋市観光協会や浜茶屋関係者など約20人が出席、千里浜神社の宮司がハマグリを海に投げ入れ、今シーズンの安全と繁栄を祈願しました。海では毎年全国で30人のこども達が水難事故で亡くなっていますが、海で遊ぶための正しい知識とそなえがあれば、大丈夫なんです。まずは大人が「海のそなえ」を知ることが大切です。

海で遊ぶことは、こども達の好奇心を育みます

  1. 美しい海と砂浜は千里浜の財産
  2. 海に車を横付け・贅沢レジャー!!
  3. 砂像まつりも 砂があってこそ!!

宝達志水町から羽咋市にまたがる全長約8kmに及ぶ千里浜。美しい海はもちろん、「砂」そのものが財産で、だから海辺をドライブできるのです。しかし海水浴が夏のレジャーの定番だったのは、遠い昭和の思い出になりつつあります。寂しい現実です。海に親しむ人が年々減っていることは、日本財団が行った昨年の「海と日本」に関する意識調査でも明らかです。残念ながら海に行かない人達が増えていますが、それは、今や地球規模で危機に瀕している海への無関心につながります。海ゴミが増え、海洋汚染が進み、いずれ人間に災いとなって戻ってくる危険性がヒタヒタと迫っているのに…。

水難事故に遭わないための知識をちゃんと身に付けて海に遊びに行きませんか? 美しい海にふれれば、命の源である海をこども達に残していくことの大切さを、きっと感じるはずです。

■Facebook  ■Twitter

イベント名能登・千里浜の海開き
参加人数20人
日程2018年7月10日(火)
場所千里浜海岸(石川県羽咋市)
主催羽咋市

関連リンク

  1. 観音埼灯台の春-1
  2. 海洋教育F-1
  3. 安宅小-1
  4. 海洋ごみ-0
  5. 横浜まいもん-1
  6. いきいき-1

Pickup

  1. 観音埼灯台の春-1
    桜満開!! 能登観音埼灯台の美しい姿をご覧あれ!!

    七尾湾と富山湾を航行する船の道標、春の能登観音埼灯台は美しい佇まいでした。…

  2. とも旗祭り-1
    令和の幕開け!能登町小木港「とも旗祭り」が開催されます!…

    石川県の無形民俗文化財・能登町小木の「とも旗祭り」が、令和元年(お〜っ!!) 5月2日(木)~3日(…

  3. 海洋ごみ-1
    ストップ! ポイ捨て ストップ! 海洋ごみ

    世界中の海にドンドン流れ込む海洋ごみ…。ごみのポイ捨ては絶対にやめよう!!…

  4. 海洋教育F-1
    こども達にとって大切な海洋教育とは

    2月23日(土)「第1回いしかわ海洋教育フォーラム」が金沢海みらい図書館で開かれました。…

  5. 2019 海を守る
    2019年。海を守るための活動は、加速します。

    2019年となりました。古代から、地球の命を支えて続けている、大切な海。2018年。夏を迎える頃から…

 
PAGE TOP